レッグクロス運動(下肢筋緊張運動)にご協力をお願いします

日本赤十字社は献血に伴う気分不良やめまいなどの副作用を予防するために今月から、全血献血(400mLと200mL献血)いただく方を対象に、採血の前後にレッグクロス運動(※)へのご協力をお願いしています。

献血にご協力いただく皆さまの安全を守るために、ご理解とご協力をお願いします。

レッグクロス運動とは?

足を交差した状態で採血ベッドの上で、足の筋肉に力を入れることと緩めることを繰り返し行う運動です。この運動を繰り返すことで全身の血流が良くなり、献血に伴う副作用を予防する効果があります。

詳しくはこちらをご覧ください(PDF:314KB)