「はたちの献血」キャンペーンがスタート!

「はたちの献血」キャンペーン(主催:厚生労働省・都道府県・日本赤十字社)を、今年も1月1日~2月28日の2カ月にわたり全国で展開します。

このキャンペーンは、献血者が減少しがちな冬期に安全な輸血用血液製剤を安定的に確保するため、新たに成人を迎える「はたち」の若者を中心に、広く献血に関する理解と協力を呼びかけるものです。

キャンペーンキャラクターには、2014年ソチオリンピックのフィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得し、日本中を沸かせた羽生結弦(はにゅう ゆづる)選手を起用。昨年の12月に「はたち」を迎えた羽生選手が、同世代を中心に献血への協力を呼びかけます。

今年のキャンペーンメッセージは「いのちをつなぎとめる、ぼくたちにできること。」

キャンペーンのCMでは、献血が輸血を待つ患者さんの元へつながっており、また、それが患者さんにとっていのちをつなぎとめる支えとなっていることを表しています。1日平均3000人が輸血を必要としている今、自分にできることは何か考え、献血へのご理解を深めてご協力いただきたいという思いが込められています。

また、キャンペーンソングとして男性4人組のボーカルグループGReeeeNの楽曲「ビリーヴ」を使用。羽生選手とGReeeeNの楽曲に、ぜひご注目ください。

キャンペーンサイト

キャンペーンオリジナルグッズをプレゼント

平成27年1月1日(木)~2月28日(土)のキャンペーン期間中に、全国の献血会場へお越しいただきご応募くださった方の中から、抽選でキャンペーンオリジナルグッズをプレゼント!

ぜひ、この期間に献血へのご協力をお願いいたします。