7月は「愛の血液助け合い運動」月間です!

輸血用血液は長期保存ができないため、年間を通じて安定的に確保することが必要です。しかし、毎年夏季は、長期休暇などにより学校や企業、団体などからの献血への協力が得にくくなります。

そのため厚生労働省、都道府県、日本赤十字社は、7月1~31日までの1カ月間にわたり、「愛の血液助け合い運動」を全国で展開します。

今年のキャンペーンポスターには、献血キャラクター「けんけつちゃん」と仲間たちが夏空の下でたくさんのひまわりに囲まれている様子が描かれており、けんけつちゃんの親しみやすいイメージと「献血は 命と笑顔を つなぐ愛」のキャンペーンメッセージを発信します。

献血を取り巻く現状

近年少子高齢社会等の影響により、この10年間で10代・20代の献血者数が約35%減少するなど、若年層の献血者が減少傾向にあります。今後輸血を必要とする方がたを支えていくためには、若年層はもとより各年代層で支え合うことがますます大切になっていきます。

日本赤十字社は2009年10月から、献血啓発活動の一環として「LOVE in Action」プロジェクトを展開しており、本年7月1日から第6期がスタートしました。ラジオや各地でのイベント等、さまざまなアクションを通して若い方を中心に広く献血へのご協力を呼びかけています。

※血液製剤には有効期間(血小板製剤は最短4日)があります。定期的、継続的な献血にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。