もっと安心して献血いただくために~受付方法が変わりました

日本赤十字社は本年5~6月にかけて、新しい献血の受付システムを順次全国に導入*します。

変更点は以下のとおりです。

①個人情報を電子化

住所や生年月日などの個人情報は、紙(献血申込書)に印刷せずカードに記録しますので、他人に見られる心配がなくなります。

②タブレットを使って問診に回答

服薬や病歴などの質問には、タブレット端末を使用して回答。
個人情報と一緒にカードに記録され、検診を行う医師に引き継がれます。

③生体(指静脈)認証で本人確認

最初の献血時**に登録した暗証番号(4桁)を忘れても大丈夫。
これからは生体(指静脈)認証で、より早く簡単に本人確認が可能です。

*各地の導入日は、5/14~北海道、5/28~九州・沖縄、6/11~西日本、6/25~東日本
**平成18年10月以降に献血の受け付け(お申し込み)をなさっている方