関東甲信越でリニューアルオープンした献血ルームをご紹介!

関東甲信越ブロックでは、今年度2つの献血ルームがリニューアルオープンしました。

昨年10月26日、千葉県船橋市の船橋駅前にある「フェイスビル」7階にオープンしたのは、『献血ルームフェイス』です。

開放感がある広々としたルーム内は、落ち着いた大人の空間。

海をイメージした内装や大きな窓が、訪れる方にゆったりとしたくつろぎの時間を提供します。

「街の顔となる」という意味が込められたネーミングをもとに、女神像を表現したシンボルマークを作り、船橋の顔となるような献血ルームを目指しています。

東京都庁の一角、都議会議事堂の地下1階に12月18日、『都庁献血ルーム』がオープンしました。

「都会の真ん中に現れたテラスカフェ」をイメージし、自然素材などを使用。

明るくすがすがしいルーム内は、心地よい時間が流れる癒しの空間となっています。

「ここで過ごすひとときが皆さまの生活の一部となり、献血が決して特別なものにならないように」というメッセージが込められています。