「第8回いのちと献血俳句コンテスト」の締め切り迫る!

いのちの尊さ、愛、友情、助け合い、感動などについて思うこと、感じたことを俳句で表現する「日本赤十字社 第8回いのちと献血俳句コンテスト」の作品を、6月13日から募集しています。

このコンテストは、10・20歳代の若年層の献血者数が減少傾向にあるなか、「献血」を通じて支えられる「生命」に意識を向けてもらうとともに、献血活動の意義への理解を深め、より多くの方に普及させるために行っています。

作品は公式ウェブサイト(パソコン・携帯電話)や応募専用はがきなどからご応募いただけます。選者は俳人の黛まどかさん。計235作品に厚生労働大臣賞や文部科学大臣賞などをお贈りします。

応募の締め切りは10月15日。より多くの皆さまからのご応募をお待ちしています!

実施概要

応募期間: 平成25年6月13日(木)から平成25年10月15(火)
応募部門: 個人部門(5部門)
小学校低学年の部、小学校高学年の部、中学生の部、高校生の部、一般の部
団体部門(4部門)
小学校の部、中学校の部、高等学校の部、一般の部
応募方法: 応募専用はがき、郵便はがき、団体(学校・一般)専用応募用紙、
FAX、インターネット(パソコン、携帯電話)
賞の種類: 厚生労働大臣賞、文部科学大臣賞、日本赤十字社社長賞 他(計235作品)
選者: 黛まどかさん(俳人)
表彰式: 平成25年12月8日(日)

昨年の受賞作品紹介(一部抜粋)

厚生労働大臣賞: 献血の ベッドに春の 温みかな
文部科学大臣賞: 病む祖母の そばにいたくて りんご剥く
日本赤十字社社長賞: 中学の 制服見せに 墓参り