8月21日は「献血の日」です

1964年(昭和39年)8月21日、日本政府は『輸血用血液を献血により確保する体制を確立』すると閣議決定しました。

このことから、毎年8月21日は『献血の日』とされています。

昭和39年当時は未だ売血が盛んな時期であり、同年の3月には駐日アメリカ大使のライシャワー氏が輸血により肝炎感染をしてしまったことや、全国の学生が黄色い血(※)の追放運動を展開したことなどがきっかけとなり、閣議決定につながっています。

昭和38年にはわずか2%程度でしかなかった献血由来の輸血用血液が、その後10年間で国内自給達成(100%献血由来)となったのは、政府をも動かした学生などを中心とした全国的な働きかけがあったからこそだと考えられます。

この日を機に、改めて「輸血」に必要な「献血」について考えてみませんか。

なお、日本赤十字社ではこの時期に合わせて毎年本社にて献血を実施しています。

今年は8月19日に実施し、本社職員のみならず近隣の企業からも多くのご協力をいただくことができました。この場を借りまして感謝いたします。これからも安全な血液を安定的にお届けしてまいります。

※黄色い血:当時、金銭を得るために頻繁に献血を繰り返す人たちの血液が「黄色い血」と呼ばれていました。その血液による肝炎の感染も少なくなく、また血液提供者自身の健康にも大きな悪影響を及ぼすものでした。