6月14日は「世界献血者デー」です

6月14日(※)は「世界献血者デー」。

献血者の皆さまに感謝するとともに、輸血用血液(赤血球・血漿・血小板)の世界的な需要が高まる中、献血活動にご協力いただいているボランティアの方々に敬意を表し、その活動を広く認識していただく日です。

「世界献血者デー」は、国際献血者デー(1995年)と世界保健デー(2000年)を経て制定され、2004年6月14日が第1回目となりました。その後、2005年には世界保健総会決議(WHA58.13)において記念日として承認されました。

この決議は、血液の安全にかかわる国際機関や団体に対して、「世界献血者デー」を推進し協働して支援を行うように、とも要請しています。「世界献血者デー」のイベントを開催する国の数は年々増加し、各国が工夫を凝らしたさまざまな活動を行っています。

「世界献血者デー」が制定されてから記念すべき10年目を迎える今年のテーマは、

“Give the gift of life: donate blood”(生きるという贈りもの)。

皆さまの善意によってご提供いただいた血液は、患者さんにとって、治療による痛みを和らげたり病気と闘う力になります。

医療が日々進歩している現代でも、いまだに血液を人工的に作ることはできません。献血は、健康な献血者の皆さまから、今まさに病気と闘う患者さんに血液だけでなく“いのち”を分けること、“生きる”という贈りものを届けることでもあるのです。

日本では、メディアを通じたキャンペーンや地域に根ざしたさまざまな活動を行い、「見知らぬ誰かの健康のために、いのちのために」献血活動にご協力いただいているボランティアの方々に感謝し敬意を表します。

※6月14日は、ABO式血液型の発見によりノーベル賞を受賞したカール・ラントスタイナーの誕生日でもあります。