Facebook上でシェアされている投稿について

平成25年2月26日(火)頃から「O型かAB型のRh(-)の血液が必要であるが非常に稀少であるために力を借りたい」といった内容の投稿がFacebook上でシェアされております(画像)。

日本赤十字社では、24時間体制で全国の医療機関に輸血用血液の供給を行っております。血液型別・種類別の過不足などが生じた場合においても、全国7つのブロック血液センターが中心となって血液の需給調整を行っており、その必要量を必要な医療機関へ可及的速やかに供給する体制を整えております。

輸血用血液の供給については、以上のような体制を整えておりますので、ご安心ください。

また、現在、全国どの地域においても、O型、AB型のRh(-)の輸血用血液は不足しておりません。