第7回 いのちの献血俳句コンテスト受賞作品発表

受賞者のみなさん

平成24年12月8日(土)、日本赤十字社本社にて第7回「いのちと献血俳句コンテスト」の表彰式が行われました。

第7回を迎えた本コンテスト。平成24年6月13日から平成24年10月15日までの期間中に、皆さまからご応募いただいた作品数は約38万句となりました。

たくさんのご応募、ありがとうございました。

表彰式で、審査委員長の俳人・黛まどか(まゆずみ まどか)さんは「今回、昨年を上回る約38万句の応募がありました。日本全国のお子さまからご年配までの皆さまが同じテーマで参加できる、これが俳句の幅の広さ、懐の深さではないでしょうか。花も虫も鳥も、すべての生きとし生けるものが、命を日々一生懸命生きています。どの句にも、そういった命の輝きが詠まれ、とても生き生きと切り取られていました」とコメントしました。

受賞作品を特設サイトに掲載していますので、ぜひご覧ください。