中四国ブロック血液センターが本格稼働!

今年の5月に竣工し、本格稼働に向けて準備を進めていた『日本赤十字社中四国ブロック血液センター』が、10月9日(火)に岡山県で実施していた検査・製剤業務を集約し、いよいよ本格的に稼働開始しました。

これで、中四国地方9県分の献血血液を検査し、中国地方5県分の製造(四国地方は香川県の製造所で製造)を行う施設が完成したことになります。

中国四国両地方の医療機関に、安全かつ安定的に血液製剤をお届けするためのブロックセンターが本格稼働したことで、輸血医療へより一層寄与できる体制が整いました。

今後、中国四国9県が一体となって血液事業を推進していくための拠点、『日本赤十字社中四国ブロック血液センター』にご注目ください。

見学コースでもある「赤十字プラザ」内。3D映像で血液の説明をします。
(※写真は2Dのため若干見え方が違います)

なお、全国7つのブロックセンターでは、「北海道ブロック血液センター」が現在建設中です。(2012.12竣工、2013.7稼働開始予定)