「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する日本赤十字社の指針」の策定について

日本赤十字社は、善意の血液からつくられる輸血用血液製剤及び血漿分画製剤の安全性の向上並びに安定供給に努め、社会から信頼される事業をめざしています。その実現のためには、医薬品の研究開発から製造販売に至るすべての段階で、医療機関・医療関係者との連携が旧来に増して不可欠なものとなってきています。

このたび、日本製薬工業協会が「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」を策定し、医療機関等にかかわる事業活動の情報を公開することといたしました。日本赤十字社においても、血液事業における医療機関等との関係を開示することは、当該事業活動が高い倫理性のもとに行われていることを担保する上で必要と考え、「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する日本赤十字社の指針」を策定いたしましたのでお知らせいたします。

上記指針の本文はこちら