「献血の同意説明書」による説明を1月16日から開始

日本赤十字社では平成25年1月16日から、「献血の同意説明書」を使用して献血の同意事項をご説明し、内容について同意いただいた方に献血をお願いすることとなりました。

採血副作用は一定の頻度で発生することから、事前にそのリスクについてご理解いただき、個人情報の取扱いや、血液の安全性確保のために行われる検査等についてもご理解をいただくこととなります。

また、厚生労働省が新たに定めた「献血血液の研究開発等での使用に関する指針」に従い、血液を研究開発等に有効利用する可能性があることについても同意を頂くこととなります。

何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

※なお、この度のお知らせは、平成24年12月28日に記者発表を行った「京都大学iPS細胞研究所への研究協力」とは別に実施されるものとなります。
上記協力に係る情報は、詳細が決定しましたら改めてお知らせいたします。