6月14日は『世界献血者デー』

6月14日は「世界献血者デー」です。

この記念日は献血者の皆様に感謝するとともに、輸血用血液(赤血球・血漿・血小板)の世界的な需要が高まる中、献血活動にご協力をいただいているボランティアの方々に敬意を表し、その活動を広く皆様に認識していただく日となっています。

今年のテーマは「より多くの血液でより多くの命を」

第一回「世界献血者デー」は、国際献血者デー(1995年)・世界保健デー(2000年)を開催した経験に基づいて、2004年6月14日に開催されました。2005年には世界保健総会決議(WHA58.13)において毎年一度のイベントとして承認されました。

また、この決議は、血液の安全にかかわる国際機関や団体に対して「世界献血者デー」の推進や支援を協働して行うよう要請しています。年々「世界献血者デー」のイベントを開催する国の数は増加しており、大多数の国では様々な活動がなされています。

日本では、政府高官や皇室、また有名人などの支援を得て、メディアを通じたキャンペーンや、地域に根ざした活動と一体となり「見知らぬ誰かの健康のために、命のために」献血をいただいた方々、献血活動にご協力をいただいているボランティアの方々に感謝するとともに敬意を表します。

☆ 6月14日は、ABO式血液型を発見しノーベル賞を受賞したカール・ラントスタイナーの誕生日という特別な意味があります ☆