生命保険協会長崎県協会における献血への取り組み

nagasaki_hoken.jpg

生命保険協会長崎県協会 様

生命保険協会長崎県協会は、生命保険協会加盟会社のうち長崎県内に支社等のある20社で構成され、生命保険事業の健全な発展を目的として活動をしていますが、その中でCR活動(=地域社会との良好な関係づくり)として、従前より献血活動に協力をさせていただいています。

献血活動は、9月と2月の年2回、各2週間程度の重点期間を設定し、協会内での会議での確認やニュースを作成し、加盟会社に広く献血を呼び掛けています。その際には、献血車両の配車についても日程を設定いただき、献血ルームと合わせて実施しています。献血車両には、加盟会社の職員だけではなく、近隣のオフィスからも多く参加していただいています。また、長崎県協会加盟ではありませんが、県内に本社機能のある事業所からも多くの参加をいただき、毎回130~150名、年間では300名前後の献血者数となっています。2015(平成27)年には、長年の実績が評価され、厚生労働大臣表彰をいただきました。

今後も、地域貢献活動としての献血活動にひとりでも多く参加できるよう、加盟会社に積極的に働きかけるとともに、地域社会の皆さまにもこの活動を知っていただき、協力の輪を広げてまいります。