生命保険協会鳥取県協会の献血活動への取り組み

tottori_hoken.jpg

生命保険協会 鳥取県協会 板垣和男 様

生命保険協会鳥取県協会は、鳥取県内13社の生命保険会社が会員の組織です。様々な社会貢献活動を実施しており、その一環として献血活動にも積極的に取り組んでいます。

平成4年度に献血活動をスタートし、活動当初は「成分献血登録カード獲得運動」として登録者確保に協力、平成8年度からは献血バス等での献血を実施しています。

生命保険会社各社の職員へ献血協力を呼びかけ、年2回実施し、年間平均約170名の協力者数になります。献血ポスターを作成し各社で掲示し協力推進、血液センターさんともしっかり情報連携しながら運営しています。

また、長年の継続した献血活動に対し、令和元年度献血推進運動協力団体として「厚生労働大臣表彰」を受賞いたしました。

これからも、献血の必要性・重要性を発信し、献血に関心をもって協力者が一人でも増えるよう取り組んでいきます。私ども生命保険会社においては、生命保険も献血も『相互扶助』お互いに助け合うという理念も共通しており、今後も献血活動を継続して推進してまいります。