「FC岐阜」が献血を通しておこなう社会貢献活動

FCgifu_gifu.jpg

FC岐阜 様

弊社は岐阜県の全42市町村をホームタウンとし、「子どもたちに夢を!!」「感動を共に!!」をクラブ理念に掲げて活動するJリーグのプロサッカークラブです。

FC岐阜では、多くの皆様に献血の重要性を認識いただき、より多くの方々が献血にご協力いただけるよう、岐阜県赤十字血液センター様とともに献血推進活動をおこなっております。その一環として、FC岐阜U-18所属の選手や指導者・スタッフ等が、毎年冬に新岐阜献血ルームを訪問して献血を行っており、今年で7年目を迎えました。

ホームゲームの際には、定期的に「スタジアム献血」を行っており、多くのファン・サポーターの皆様から400mL献血にご協力いただいております。当日は、献血推進キャラクター「けんけつちゃん」にも来場いただき、献血の大切さをPRしていただいております。

また、2019(令和元)年9月26日には、長良川国際会議場で行われました日本赤十字社岐阜県支部創立130周年記念大会において、弊社が『金色有功章』を受章いたしました。これは「FC岐阜サンクスフェスタ クリスマスチャリティオークション(2017(平成29)年度~2019(令和元)年度)」による寄付金贈呈の合計額が500,000円以上となったことにより表彰されたものです。

これはひとえに、これまでFC岐阜を支えていただいた多くの皆様のご協力の賜物であり、心より感謝いたしております。

今後も社会貢献活動の一環として、日本赤十字社様の献血や寄付活動に引き続きご協力して参ります。