献血は、一人ひとりの思いやり

panasonic_nara.jpg

パナソニック株式会社

アプライアンス社人事・総務センター

総務部 山田文子 様

パナソニック株式会社 アプライアンス社 奈良地区は、ガススマートメータ用の計測デバイスと無線デバイスの製造・販売を通して、「安心・安全・クリーン」で「スマートなエネルギー社会」を実現し、世界のエネルギーと環境に貢献しています。

弊社では、奈良県および赤十字血液センター様からのご要望を受け、社会貢献活動の一環として、毎年2回、社内で「献血助け合い運動」を実施しています。

私は、総務部として、献血助け合い運動の窓口を担当し、赤十字血液センターの方々からお話を伺うなかで、「血液が足りないこと」や「献血活動の必要性」の認識が深まりました。

担当者として、安全衛生委員会を通じた呼びかけや告知ポスターの掲示、従業員の皆さんに対して社内イントラネットで献血協力のお願い等の取り組みにより、少しずつ協力してくれる従業員も増えています。100名近くの従業員が、業務を調整し、毎回の献血活動に協力してくれています。 献血をしてくださる一人ひとりの思いやりで献血活動は成り立っていると感じております。

本年(2019年)は、30年に亘る献血活動に貢献した功績として、奈良県献血推進協議会(会長:奈良県知事)より、献血感謝状もいただきました。

これからも、血液を必要とされている方々のお役に立てるよう、一人でも多くの従業員の皆さんの協力が得られるよう、社会のお役に立てる企業として、「献血助け合い運動」を継続して推進してまいります。