大丸株式会社 地元企業としての地域貢献

daimaru_hokkaido.jpg

大丸株式会社 人事部

大丸株式会社は1892(明治25)年に創業し、120年以上続く『複合専門商社』です。

北海道をメインフィールドに、約3万3,000社のお客様(製造業・小売業・民間企業・官公庁・学校など)に向けて、役に立つ提案を行い続けてきました。扱う商品は、洋紙・板紙・紙製品・包装資材・文房具・事務用品・日用品・家庭雑貨・情報機器・インテリア・オフィス家具など数にして30万点以上で、紙の販売シェアは道内トップを誇ります。ソフト開発・店舗設備・環境設計といった、単なる商品販売だけではないサービス提案を行い、お客様へ「付加価値」を提供することを目指しています。

創業当時から、地域社会へ生活資材を安定供給することで信頼を得てきた企業です。時代と共に変化するニーズを掴みながら、地域経済の担い手として社会を支えてきました。社会貢献事業としての献血活動も、1970年から始まり50年近くになります。札幌では本社を含めた3拠点、市外では旭川・北見・帯広・函館といった支店で実施しており、合計7拠点でそれぞれ年2回以上献血を行っています。

当日はポスター掲示や社内イントラネット等で参加を呼び掛け、2018年度の1年間では151人の社員が参加しました。札幌以外の道内各地域で献血を実施できる体制は、今後も持ち続けていきたいと考えています。これからも、地域貢献を目指し会社全体で献血に取り組んでいけたらと思います。