地域社会貢献を常に考え前進

hironogumi_sasakisama.jpg

株式会社廣野組 安全品質環境部 

担当部長 佐々木誠一様

弊社は北海道と東京を中心に事業を展開している総合建設会社です。 当社の経営基本方針は『未来へ繋げる信頼と礎』であります。

その行動指針の中には「品質と技術の向上に努め、良質な建設物やサービスを提供し、顧客の信頼に応える。」また「常に社会の要請を的確に把握し、社会から信頼され必要とされる企業を目指す。」としております。

この方針の下、環境への配慮も必要であることから社会貢献の一環として、社員総出で幹線道路のごみ拾いや、工事を行っている地域においては地元への奉仕、行事などのボランティア活動も行って来ており、地域の方に大変感謝されております。

献血活動においては、昭和の時代から春と秋の年2回会社の横に献血車を止め、毎年協力させて頂いております。 以前は多くの社員に協力いただいておりましたが、業務の性質上技術者においては現場勤務の都合で中々協力できていないのが現状です。

また、若者の献血離れや無関心により血液が不足している事も耳にしますが、もっと社会に向け献血の必要性を発信しなければならないと考えます。 そんな中、弊社は今年創業100周年を迎えます。

その一環として、5月に協力会社を含め100人規模の献血を実施いたします。 血液の必要性からみてほんの僅かとは思いますが、お役に立てさせて頂きたいと思います。

当社の社員数も徐々に増えてきており、社員一人ひとりが献血に関心を持ってもらえるよう、これからも年2回の献血を会社の年間行事と位置付け、社員に協力を呼び掛けていきます。