献血活動~地域貢献活動の一環として~

kagoshima_kensei.jpg

鹿児島県建設業青年部会の皆さま

鹿児島県建設業青年部会は、1980(昭和55)年3月の発足依頼、県内各地において様々なボランティア活動を行っており、献血活動もその一環として会員一同、積極的に取り組んでおります。

また、毎年7月28日の「全国建設青年の日」に合わせて、鹿児島市の商業施設で献血活動を実施しています。

さらに、近年、年度における県内各地での県建設業関係者による献血活動では400mL献血で1,000名を超えており、非常に多くのご協力をいただいております。なお、2017(平成29)年度も1,288名の実績をあげることができました。

このような長年にわたる献血活動の取組みを高く評価していただき、2017(平成29)年には、日本赤十字社より「社業功労者社長特別表彰」をいただきました。

私どもは、今後も地域貢献活動の一環としての「献血活動」を継続していきたいと考えております。

また、これからの社会を担う若い方々を中心に、いのちを救うことができる身近なボランティアである“献血”に関心が高まることを切に願っております。