献血活動への取り組み

akita_seiho.jpg

一般社団法人 生命保険協会 秋田県協会
事務局長 遠藤恵樹様

生命保険協会秋田県協会は、1989(平成元)年から献血活動へ参加をしてまいりましたが、2010(平成22)年度から、協会独自の目標人数を毎年度設定して協力を行っております。

この目標数は各保険会社に設定しており、定例打合せ会で各保険会社における各月の献血者数及び目標達成率・対前年比の二項目の数字を提示し、各支社長から職員に向け、献血協力状況等の情報を伝達し、献血者の確保に努めております。

また、啓発活動として、会議、総会等の場で、秋田県の献血状況や、献血協力依頼の機会に関する情報提供を行っております。

秋田県協会では、各保険会社へ目標値を設定して献血者数を開示することにより、各支社の競争意識を向上させ、毎年、700名前後の献血者を確保しております。

今後はこの目標値を1,000名に設定し、輸血を必要とする患者さんへの一助となるよう、献血活動に取り組んでまいります。