釧路ぬさまいライオンズクラブから~地域における献血奉仕活動の発信~

kushiro_lc.jpg

釧路ぬさまいライオンズクラブ
会長 中井厚志様

国際ライオンズ協会331-B地区に所属する釧路ぬさまいライオンズクラブは、1971年(昭和51年)2月に結成され、本年に42年目を迎えます。様々な奉仕活動の中でも、献血奉仕活動は重要な位置を占めている活動の一つで、本クラブ社会福祉委員会が活動の企画・運営に当たっております。長年に渡る献血奉仕活動の甲斐あって、2012(平成24)年には北海道赤十字血液センタ-様のご推薦により、第48回献血推進運動全国大会において厚生労働大臣表彰状を頂戴し、そのことを励みに現在、年3回献血奉仕活動に汗を流し従事しております。

輸血医療において欠かすことのできない献血により、一人でも多くの命が救えることを肝に銘じ、地元のショッピングモ-ルにて、住民一人ひとりの方に地道な声掛け運動を行っております。

その際、たくさんの労いの言葉を頂き、また、70歳以上のご高齢諸氏からも『家族で献血出来る人を集めて協力致します。』など、有難いお言葉も頂いております。その中で、当クラブの献血奉仕活動に賛同して下さった、地元の看護学生、金融機関などが自発的に献血活動に参加下さるようになったことは、当クラブの献血奉仕活動が地元にも『評価されている』証でもあり、各団体の支援を頂いて行う活動は、賞賛に値するものと自負しております。

当クラブ会員41名に加え、各団体の協力により、ボランティアスタッフは70名を数えるまでになりました。このように、献血奉仕活動がいかに大切であるか、血液事業を通じて命の尊さを訴え、一人でも多くの市民・団体の応援を頂きながら、今後も当クラブが中心となり、献血奉仕活動に励み、更なる飛躍を目指して邁進する所存であります。

※北海道釧路市~北海道の東部に位置し、人口は17万2千人。主な産業水産、炭鉱パルプ、観光。東北海道経済の中心都市として位置付けられている。