献血への取り組み

okayama_gakko.jpg

IPU・環太平洋大学の皆様

IPU・環太平洋大学は、「4年後に責任をもつ大学」を掲げ、学生が夢に向かって学業や部活動に励む姿が頼もしい開学11年目の大学です。本学は3学部6学科を擁し、教員・公務員・一般企業・柔道整復師などを目指し、学生が自分の将来を見据え毎日懸命に学業に取り組むと共に、多くの学生が全国レベルの体育会に所属しており、文字通り文武両道を貫いています。

献血活動は年2回学内に献血バスに来て頂いており、声をかけると多くの学生が快く協力をしてくれ、毎回多くの学生、教職員が参加をさせて頂いております。また、学内で初めて献血をした学生が、血液センターに行って献血に参加させて頂くなど献血推進活動を行うことにより、学内での献血に対する理解度も高まっております。

2017年度は初めて学生が主体となり献血活動をしたいとの意向を受け、1月に学内での献血実施の予定があり、多くの体育会所属の学生が参加させて頂く予定と聞いております。毎年、学内で献血活動を行ってきた実績が、今年度の学生主体で行う献血活動につながったものと思っております。

これからも学生・教職員が献血活動を行いやすいよう、学内での献血活動を続けていくのはもちろん、今年度初めて実施した学生主体での献血活動が引き継がれていくようサポートしていきたいと考えております。