防府レオクラブ ~地域社会への奉仕活動推進のために~

yamaguchi_kigyo.jpg

防府レオクラブの皆さま

防府レオクラブは1976(昭和51)年に防府ライオンズクラブの依頼により結成以来、ライオンズ精神に則り、広く地域社会への奉仕活動の推進のため活動して参りました。

規約により40歳までの活動で退会することとなっており、現在16名が会員として所属し防府市内で様々な奉仕活動をしております。

主な活動内容としましては、車いすの清掃、障害者トイレマップの作成で、これは病院や介護施設の方より大変喜ばれており、私共にとってもとても励みになる事業になっています。

また、地域活性化行事と致しまして、商店街での防府市のご当地イベント「鍋-1グランプリ」にも参加し、昨年度の第10回では準優勝し、今年度の第11回では優勝することが出来ました。

献血活動の取り組みは、1994(平成6)年からはじまり、20年以上にわたり防府市で開催される愛情防府フリーマーケットの献血会場で活動を行って来ました。初めクラブに入ったばかりの方ははずかしさもあり、献血の勧誘も上手く出来ませんでしたが、今では初めての方にも冗談を言えるまでになりました。

レオクラブは小人数の団体ですが、レオクラブ本来の奉仕団体という姿を前面に出しつつ、他団体との交流も積極的に行い、レオクラブにしかできない、奉仕活動、社会奉仕、社会貢献を行っていきたいと考えており、楽しんで活動を続けられるようにしていきたいと感じております。

今後も防府レオクラブを何卒宜しくお願い致します。