献血は「喜びのタネまき」という企業スローガンに通じる活動

oosaka_kigyo3.jpg

株式会社ダスキンの皆さま

株式会社ダスキンは大阪府吹田市に本社を置き、清掃用品のレンタルをはじめとするハウスクリーニングや家事の代行などと、ミスタードーナツを中心とするフードサービスを全国でフランチャイズ展開する総合サービス企業です。

当社は、創業者・鈴木清一の生涯にわたる「『道と経済の合一』を願う『祈りの経営』の追求に捧げた生き方」を継承しようとする企業グループであり、企業スローガンの「喜びのタネをまこう!」は献血と極めて親和性が高いとして、当社役職員の中に深く根付いています。

当社と日本赤十字社(以下、日赤)との結び付きは、1968(昭和43)年ごろから始まり、約半世紀を迎えます。この間、途切れることなく先輩から受け継いだ献血文化をこれからもしっかりと守っていくことは、後輩としての使命であると私たちは考えています。

現在は、本社ビルと大阪中央工場(大阪府吹田市)の二拠点で夏冬の年2回ずつ献血活動を行い、参加者は年間通じて約170人を数えています。当社は業績を「世の中の人びとにどれだけのお役に立ったかを計る物差し」ととらえています。本業以外で、一人ひとりの小さな善意が、病気の治療などで血液を必要とする人びとの役に立てる献血活動に参加することは、大変有意義です。

今後も、日赤の献血活動に積極的に参加することにより、企業としての社会的責任を果たしていきたいと考えています。