「東レ株式会社愛媛工場~地域・社会とともに歩み続ける工場であるために!~」

ehime-tohre1.jpg

東レ株式会社愛媛工場 事務部長 笹原慎介さま

東レグループは、科学技術の振興を柱に、理科教育支援による次世代育成や地球環境保全、地域社会貢献、スポーツ振興などの活動を通して、健全で持続可能な社会の実現に貢献しています。

企業理念である「新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」に基づき、地域社会・国際社会の中で、よき企業市民として、それら社会の持続的発展に貢献するとともに、社員の社会貢献活動を継続的に支援しています。

この指針の下、当工場はさまざまな地域・社会活動に参画しており、その取り組みの一つである工場内での献血活動は、東レ従業員はもとより、関係会社・協力会社の従業員の方にも呼びかけ、毎回60人を目標に推進しています。

1966(昭和41)年に開始した本献血活動は、以降48年にわたり、多くの方のご協力・ご賛同を得て今日まで継続することができました。この間に知事表彰や厚生労働大臣感謝状をいただき、本年度は厚生労働大臣表彰の受賞にあずかり、この活動に対する一人ひとりの思いの積み重ねの大切さを改めて心に刻むことができましたし、私たち従業員一同の誇りとなっています。

今後も諸先輩方より受け継いだ本活動を、従業員が誰でも参加できる身近なボランティア活動ととらえ、継続的に実施することで、地域・社会とともに歩み続ける工場でありたいと考えています。