岐阜県JA会館での献血への協力

01‐2_gifu kigyo2.jpg

JA岐阜中央会の皆さま

岐阜県JA会館は、岐阜市の南西部・岐阜県庁の東に位置し、ここにはJAの県組織として、JA岐阜中央会、JA岐阜信連、JA全農岐阜、JA岐阜厚生連、JA共済連岐阜、の5団体があります。

ここで働く全体の職員数は、約350人です。会館全体での協力を行い「献血サポーター」としても登録していて、年間2回の献血活動では、延べ100人が参加しています。

ここでの献血は、1980(昭和55)年に当会館が竣工してから始まり、今年で35年目を迎えました。

こうした取り組みを評価いただき、2013(平成25)年度には厚生労働大臣表彰を賜り、いままでの積み重ねの重さと協力いただいた職員の皆さま方に感謝する次第です。

協同組合には、「一人は万人のために、万人は一人のために」という相互扶助の精神があり、環境や文化、福祉への貢献の一環としてお役に立ちたいと日ごろから考えています。

今後も血液センターのご協力の下、この活動が長く継続していけるよう、また、少しでもこの輪が広がるよう、努力していきます。