地球に・人に・そして未来のために「We Serve」

岐阜南ライオンズクラブは、岐阜県岐阜市の中心部にて活動し、平成20年に結成50周年を迎えております。

今年度は「心の交流・世代を超えて」、「地域に根ざしたアクティビティ」、「原点に戻り 改革と革新」を基本方針として、地域社会に貢献するようさまざまな奉仕活動を行っております。

その中でも献血運動はクラブのメインアクティビティとして取り組んでいます。昭和60年から献血運動を展開し、平成7年および12年に厚生労働大臣表彰という栄えある賞をお受けいたしました。少子高齢化が問題とされる今日、献血の重要性はこれまで以上に高くなっていると言えます。

岐阜南ライオンズクラブでは、『クラブ会員による献血』、『クラブ会員事業所における献血協力』により、クラブとして献血に参加・協力しております。また、とりわけ力を入れているのが『学生ボランティアと連携しての献血推進活動』です。献血の重要性を社会へ広くお伝えすることを目的に、毎月第3日曜日の定期街頭献血会場にて献血推進活動を実施しております。平成21年度には全12回の実施において802名ものご協力をいただき、前年に増して献血協力を募ることができました。

今後も当クラブでは将来の献血を担う青少年の育成と、血液確保に向けての献血推進・献血思想の普及に邁進してまいります。