献血活動を根付かせていけるようお手伝いを続けていきたい

志賀副社長

志賀塗装株式会社
代表取締役副社長
志賀 晶文 さん

志賀塗装株式会社は、福島県内を中心に「みんなが幸せでありますように」を経営モットーにしながら、住宅・建物の雨漏り防止のための塗装工事や住宅リフォーム工事を通して、出会う人々が元気・笑顔になる地域づくりに日々まい進しているところです。

2009年血液センターさんからのご縁をいただき、一番身近な社会貢献として「愛の献血フェスティバル~一人の百歩より百人の一歩~」のイベントを始めました。現在2回の開催実績ですが、2010年4月の時は、211名の方々に採血者数としてご協力を頂けました。このお役立ち活動で献血なさる方も、主催する弊社スタッフも、共に充実感を覚えることができました。特に若いスタッフが「なんだかとてもいい気持ちで一日が過ごせます。献血は初めてですが、気分いいもんですね」と笑顔で感想を言ってくれた時は、まさに弊社のモットーに一致するこの事業は、これからもどんどん周りの人を巻き込んで広げていきたいと思いました。献血は、今すぐ目に見える形での社会貢献です。今現在、日本は未曾有の少子高齢時代に突入してきています。笑顔になる、元気になる地域づくりには、産業の発展も必須ですが、献血の事業は何よりも最優先事項で取り上げていくべき社会全体の課題といえるでしょう。企業とは、社会の問題解決のために存在する理由がある。その視点で考えると、今最も社会で取り上げるべき大きな課題の一つは献血事業であると考えます。

弊社の献血イベント活動を今後定期的に行なうことにより、輸血用血液は交通事故など大事故で血液が必要となった場合に使用されることが多いと認識されている方々へ、実際はがん患者などの内臓疾患で毎日多く使われている現況をお伝えし、日常生活の一番身近な社会貢献として、献血活動を根付かせていけるようお手伝いを続けていきたいと思います。