平成27年9月 清水赤十字病院を訪問

清水H①.JPG (2カラム画像(枠なし):322x210px)

日本赤十字社の近衞忠煇社長は初めて、清水赤十字病院(北海道上川郡)を訪問し、病院内を視察するとともに、藤城貴教院長をはじめとする職員と懇談しました。

近衞社長は折に触れて全国に92ある赤十字病院を訪問していますが、その規模はまちまちで、700床を超える病院もあれば、99床以下の病院もあります。

清水H②.JPG (2カラム画像(枠なし):322x210px)

その中で同院は92床と小規模ですが、地域の中核病院として大きな役割を果たすとともに、災害救護訓練や人道普及イベントにも積極的に参加。赤十字の特色を生かして地域に貢献しています。

視察を終えた近衞社長は、「雄大な自然に囲まれた明るい雰囲気の病院ですね。職員一人ひとりの熱意が感じられて、とてもうれしく思います」と、同院を頼もしく感じた様子でした。